忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっき書いていた内容が気づいたら消えていて、結構萎えていた稲葉です。

もう、明日から後期の授業が始まります。どうしよう。。。教科書買ってないw

実は、9月20日~22日にかけてWASA4プロの合同合宿がありました。激しく疲れました。というか筋肉痛がやばかったですw もう、運動不足が露見してやばかったw

KHK杯、着々と機体が完成しつつあります。実のところ、加工する人数が少なすぎて間に合わないんじゃないかと思っていたんですが、なんとか完成しそうです!w よかった。
とはいえ、大会は10月3日なので、時間的に余裕がないのは確かなんですけどね。。。

ロボコン、とうとう日本語版が出ました。http://www.official-robocon.com/jp/daigaku/daigaku2010/index.html
本格的に書類の作成ですね。。。

と、なんか盛りだくさんでしたが、明日からせわしない後期の授業のある生活が始まると思うと、憂鬱ですw
それではこの辺で。稲葉
PR
今回もNCフライスの話題です。

自分は昨日1日中かかりきりでNCフライスの動作テストをしていました。
そしたら、案の定止まりましたね、むしろ安心したぐらいです
Y軸のモーターが異音を発して止まっちまったのが数回。
で、何が原因か調査。モーターか!と思ったのですが、X軸とY軸のモーターを取り替えてみて実験。
モーターが原因と高をくくっていた自分には驚きの結果が。。。
Y軸異音。。。
死んだ。。。モーターが原因ではないようだ。。。で、考えられる線としては・・・信号線か! で調査。異常なし。。。
じゃあ、何がいけないんだ!!!
悪戦苦闘すること6時間あまり。もう1度モーターを外して、再び装着。すると。。。異音は全く発生しなくなりましたw
Y軸の軸棒に何らかの問題があったものと考察されます。。。でも、何かは不明と。。。
で、そのあと調子に乗って動かしていたら、今度はソフトの方でエラーが。。。

機械って、気むずかしいですね。。。。

で、NCフライスの制御に関してちょっと解説します。
NCフライスをコンピューター制御するとき、当然コンピューターからコマンドを送ります。このフォーマットがGコードとよばれるもので、機械科の加工実習では手入力させられるとか。。。おろかですw
で、もちろん世間一般の、ものづくりをしている人たちも同じようなことを考えているわけです。やはり、ソフトも自作なんですよ。JMM-tool というやつです。さすがとしか言いようがありません。
あっという間にGコードを作成し、フライスのソフトにぶち込みます。ボタンを押すと、切削開始。
円を切ろうとすると、モーターがウインウイン動いて、正直きもかったですw
で、実験で初めて削ったのがこれです。
CIMG2937.jpg三角定規みたいなのを削りました。ただ、異音が発生した後が顕著に残っていますね。。。中央の円に伸びている溝がそれです。

まあ、何はともあれ、使えるようになりました。





話題からちょっとそれますが検索してみたらこんなことやっている人もいるんですね。。。
いや、凄いです。

実は、昨日取材がありました。なんの取材? 参加してないのでよくわかっていませんが、そちらの方が部室を撮影しに来てました。異様な光景だったでしょうね。。。
それでは。この辺で失礼します。稲葉
仰々しいタイトルに内容が多分伴わない、だけど今日も仰々しいタイトルをつけてブログを書こうとしている稲葉です。

この前書いたフライスのNC化についてちょっと書きます。
前回その写真を載せられてなかったので、今回はちゃんと載せます。
CIMG2776.jpg中央のフライス盤、手前の古めかしいノートPC、その壁側にある基板がNCフライスの全容です。これだけ?と感じる人もいるかもしれませんが、なにぶん部室が狭いもので、これで精一杯なんです。。。というのは冗談で、自作でNC化する場合、この程度の装備になります。





で、今日チーフより色々説明を受けて、若干なりとも使えるようになりました!以前よりずっと加工の精度が出せるようになったはずです。いいものを作れそうですw
さあこれからが楽しみだw
まずは曲線の切り出しをできるようになりたいw

そして、実はメカトロは、他プロと合同で合宿に行きます。行き先は、、、確認してないw 
自分は鳥人間の学生交流会と合宿初日と、そして室内飛行ロボットコンテストがトリプルブッキングして、結局交流会をとって、2日目からの参加だったり、ハードですw 強行軍にはここ1年でなれてますがw

なにか新たに習得すると使ってみたくなる、そんな習性をNCフライスで発揮している、稲葉がお送りしました。
WASAプロジェクト横断企画、室内飛行ロボットコンテスト向けの製作とバイトでかわさきのあとも忙殺されている稲葉です。こんな状況でも、人は楽しめると思いますw

で、かわさきロボット大会の件の脚変更騒動により中断していた部室フライスのNC化、本日そのほとんどを終え、調整の段階に入りました。誤差0.4%だとか。これって大きい?
で、いつもなら写真を載せて紹介しているところですが、なにぶんその段階に至ったのが学生会館が閉まる直前だったもので、撮りそびれました。。。後日掲載しようと思います。

そして自分は独自にVMCを研究してました。VMCというのは、かわロボのように、脚機構を使用していても、形状を最適化することによって車高が一定のまま進めるという代物です。詳しい仕組みはここをご覧ください。
なんとか解読し、ETOの脚の仕様で書いたエクセルの表計算、きれいな軌跡を描いてくれてますw
これをCADに取り込む作業です。。。これが若干難儀なので、また後日がんばります。
ちなみに、こんな感じにかけました。左右で若干形状が違うのが特徴です。文字計算を手でするのが大変でしたw
f90fea20.jpg





今回はこの辺で。それでは。稲葉

OBチームが技術賞もらってる!!!!

と結果を見て知りました。すごいっす。来年は絶対本戦に出てやる。。。
という感じで、今日は手短に。

個人的には、今日はハムフェアに行ってきました。鳥プロの人と一緒に見て回ってきましたが、おもしろいものがw
といっても、まだ自分でもよく把握していないので紹介はまた後日。勝手に理工展で使いたいと思っていますw

そしてそのあと、部室の片付け。掃除ではありませんw
今までごちゃ混ぜだったねじ類を整理しました。1年生にも手伝ってもらったおかげで無事終了。

とこれだけですがw
稲葉


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[05/05 Charlesveme]
[03/21 braVabj]
[03/12 Michaeldep]
[03/12 ssdfsveme]
[02/25 take surveys for money]
カウンター
フリーエリア

ランキングオンライン


人気ブログランキング
携帯サイト
アクセス解析